2人目不妊は、亡き父親がその原因を教えてくれた。

 

妊娠カウンセリングプログラムにご参加の方からご感想をいただきました。

この方は、早くに亡くなったお父様の影をずっと引きずっており、また、ご主人にお父様を重ねており、そのことでいつも不安を抱えていらっしゃいました。
 
しかし、このプログラムに参加されたことで、トラウマや心のモヤモヤがスッキリ解消され、2人目の不妊治療が以前よりもスムーズに進んだり、妊娠に近づくためのありえない不思議体験も経験され、私自身も驚いてしまったほどです。

そんな彼女から感動的なご感想が届きました。

 

プログラムに参加させていただき、本当にありがとうございました。

父の死と向き合うのは本当に辛かったです。
それだけ自分の中で、父の存在は大きかった事に気づきました。
辛すぎた35年があったからこそ、そこに意味があったことに納得しています。
辛く悲しい日々だった記憶が客観的に見れる様になりました。

蓋をしていた記憶も思い出しても大丈夫だと思える様になりました。
頭痛が軽減して来た様で、不思議と鎮痛剤もほとんど必要なくなりました。


記憶の中から消し去りたかった子どもの頃の記憶、結婚して父の様な主人に出会い、
また父の様に早くに亡くなるかもしれない、という不安に襲われて
2人目が出来なくなっていた一因になっていたなんて思いも寄らず、
見たくない過去の未消化な感情と向き合っていない部分が沢山あったことに気づきました。

思わぬところで、過去の記憶が蘇っていたことに驚きました。
きっと常に父からのメッセージがあった様に思います。
「やっと、通じたね、お父さんは存在していた事は事実だから安心して生きて行きなさい」
そんな言葉が聞こえて来る様な気がします。父もほっとした事だと思います。


母親とのコミュニケーション不足による人間関係の不安さも、
母親とこれから何でも話せる様に実家にもまめに行きたいと思います。


2人目の産後は、実家でしばらくお世話になってみようかと思っています。

子どもが増えることで、母親との関係が良い方向に向かって行くと良いかな?と思います。

長い長い闇のトンネルの中から、やっと明るい景色が見える心の感覚です。
頭の中がモヤモヤしていたのは、自分の感情にOKを出して来てなかったことだったのですね。
胸の奥や頭の中や肩付近の重たい黒い感情達の正体も分かったり、
不思議な体験をたくさんさせて頂いてありがとうございます。

最近にはなかった、ワクワク感が戻って来た感じです。
そんな時は、自分の周りの人が笑顔でいっぱいです。

職場も一時よりは良い雰囲気だと思います。
ただ私の意識が変わっただけなのかもしれませんが。
自分の感情を大切にしようと考えが持てたのが一番の変化です。

更に命の目的も分かって本当にありがとうございます。貴重な体験でした。


昨日、利用者さんを送迎途中、
今、年を取ってあちこち悪くなって病気もしたけど、
仕事をしながら積極的に色んなことに挑戦したりを出参加したり、
たくさんの人と出会えて楽しかった記憶があるから今辛いことなんてないね〜
振り返っても楽しかったことばかり(笑)」と話されていました。

良い人生を送って来られたんだな〜としみじみ感じた時間でした。

こんな会話がお年寄りと関わると出来るのが介護職を辞められない理由かも知れません。
色んな方の人生が見える仕事だと私は思っています。

 

親になる前に、私たちは一人の人間です。

今まで生きてきた中で解消されていない感情や想いは誰でも持っています。

それは良くないことではなく、自分の人生をよりよく生きていくために必要な体験なのです。

その体験から自分にとって大切な気付きを見出せるかどうかで、今後の妊娠出産も含めた人生はガラッと変わります。

詳しくは、妊娠カウンセリングプログラムの説明会と相談会を兼ねた、
『ZOOM de お話し会』でお伝えしております。

ご興味ある方は下記をご覧ください。

『ZOOM de お話し会』の詳細&お申し込みはこちらから。