私は、妊活中の方で、焦りや不安などの辛さを一人で抱え込んでいる方や生理が来るたびに落ち込むというような方には、私の主催するワークショップやグループカウンセリング、個人セッションに来てもらうようにしています。

 

何故なら、そういうネガティブな感情を抱えながら妊活していると、(本人が気づかないうちに)抑うつ状態に陥ってしまう場合があり、そうなると、その抑うつ状態が、妊娠を遠ざけてしまう脳の動きなってしまうからです。(または、そういった脳の動きに拍車をかけるからです。)

 

簡単に言うと、ホルモン分泌や内臓機能、体温などといった身体の機能諸々が、妊娠しづらい状態をつくってしまうからです。

 

なので、本来のリラックスできるメンタルに戻ってもらうことが必要なのです。

 

もちろん、ご自身でもリラックス出来る場所に行ったり、趣味など好きなことに没頭したり、エステやマッサージなどでリラックスするのも良いでしょう。

 

そして、そういった一時的なリラクゼーションのみならず、カウンセリングで、妊活での焦りや不安などのネガティブな感情を発生させている根本的な原因をクリアにしておくこと、それから、脳の動きを妊娠に相応しい状態に調整しておくことも大切なのです。

 

プロのアスリートでも音楽家でも、パフォーマンスが一番良い状態というのは、脳がリラックスしている時です。
色んな不安なこと、心配なことなどある状態では、よいパフォーマンスは生まれません。

 

そして、それは、妊娠出産においてもまったく同じことが言えるのです。

 

 

あなたは、妊娠しづらい脳の動きのまま妊活を頑張り続けますか?
それとも、リラックスしながらスムーズな妊娠出産を望みますか?

 

妊娠しやすい脳の動き方に調節し、スムーズな妊娠をするためのワークショップやグループカウンセリングの詳細はこちらからご確認いただけます。