毎月生理が来ては落ち込んでしまうあなたへ。

妊娠出産するには、『脳の動き方』が重要です、といつもお伝えしていますが、
その脳の動き方の1つとして、”あなたご自身が妊娠することに対する確信度合い”というものがあります。

あなたは、一体どの程度、ご自身が妊娠することを確信していますか?

 

例えば、それは、”家の近所のコンビニに迷わず行けること”と同じくらいの確信度合いでしょうか?
それとも、”バスケットボールのフリースローを一回で成功させること”と同じくらいの確信度合いでしょうか?
それとも、”世界一怖いと称されるバンジージャンプをなんなく飛ぶこと”と同じくらいの確信度合いでしょうか?

 

多くのプレママたちが、『妊娠するかしないか』というところに焦点を当ててしまいがちですが、
『自分はいついつまでに妊娠する』と、当たり前のように知っていれば、今月も生理が来て落ち込む、なんてことはありません。

そこで一喜一憂してしまうのは、まだまだ確信度合いが低いという証拠でもあるし、そういった脳の動かし方をしてしまっていると、妊娠をどんどん遠ざけてしまうことにもなりかねません。

何故なら、そういう状態が続くと、ご自身でも気づかないうちに抑うつ状態に陥ってしまいます。
抑うつ状態になると、ホルモンバランスの悪化や内臓機能低下、体温の低下などで、さらに妊娠しやすい状態から遠ざかってしまうのです。

しかし、その確信度合いの調整は心理技術を用いて短時間に行うことができます。

つまり、近所のコンビニに迷わず行けることと同等の確信度合いを得ることができるのです。

実際に、近所のコンビニに行くところを想像してみてください。
当たり前の様に、あそこの角をまがって、数十メートル歩いたらもうそこにコンビニはあります。

そのくらい妊娠することが当たり前だとあなたの脳が思っていたら?
そのくらい確信度合いが高かったとしたら、どうなるでしょう?^^

もちろん、当たり前のように妊娠するでしょうね。

病院で治療中の方も、より治療の効果を上げることが出来るでしょう。

 

あなたは、いつまで辛い妊活を続けたいですか?

 

個人セッションや妊娠カウンセリングプログラムの詳細はこちら。

ワークショップやグループカウンセリングの情報はこちらからご確認いただけます。

後藤あづさ プロフィール