グレードの高い卵は採れるようになったのに、今度は、子宮内膜が育たなくなっちゃった!

 

今朝のセッションは、「グレードの高い卵子は採れるようになったのに、
子宮内膜が育たなくなってしまった。」というご相談でした。

そして、段々、潜在意識は整ってきたものの、
まだ思考で妊娠しようとしている感が否めなかったので、
頭と身体の感覚を一致させる問いかけをやっていきました。

その結果、

産んだ後、若いお母さんたちに混ざって上手くやっていけるか?
子育てできる体力が自分にあるのか?
自分が母親としてどう見られるのか?などを気にされていたご様子。

そこで、周りに40代で出産された方がいらっしゃるか聞いたところ、
43歳で初産、45歳で2人目を産んだ方がいるとのことだったので、
その方のお母さんぶりを伺ってみました。

その女性は、とてもハツラツとしていて、現在50代前半の彼女は、
仕事もフルでこなし、趣味で、テニスやマラソン、ロードバイクなど
めちゃくちゃアグレッシブに活動されているとのこと。

(まさに、「人生100年時代」を地でいっている女性!)

そして、クライアントさんの未来記憶を思い出していただき、
その未来へたどり着くために、今現在なにをする必要があるのかを
落とし込んでいきました。

また、「本当の自分」の認識のちょっとしたズレを調整し、
今そこにいる本当の自分自身を味わっていただき、
自分の感覚を感じ、それに従うことをお伝えし、終了。

毎晩酒漬けの生活を送っていても妊娠した友人もいるし、
タバコとお酒をやめないまま妊娠した人もいるし、
ごはんより、甘いものばかり食べ続けていても妊娠した人もいる。

体操の内村航平選手は、ブラックサンダーという
チョコレート菓子ばかり食べていたても、金メダルを取れたわけですし、
「不食」で健康に生きている人もいる。

人間て、本当に不思議です。。

もちろん、偏った食生活を推奨しているわけではありませんが、
自分の感覚に従ってポコっと妊娠する人もいれば、
食生活や生活習慣をストイックに実践していても妊娠しない人もいます。

その原因は、とてもシンプルで、
脳のどの部位を動かしているか?なだけです。

思考と感覚を上手く使いながら、妊娠出産はもちろん、
本当の自分としての望みを叶えていく「妊娠カウンセリングプログラム」。

あなたは、自分のどんな可能性を発見したいですか?

『妊娠カウンセリングプログラムとは?

体験セッションはこちらをご確認の上、お申し込みください。