とあるクライアントさんからのセッションの感想をシェアいたします。



父親の死、そして、母親との関係が良くないことで発生した摂食障害。

結婚しても、夫が父親の様に若くして亡くなってしまうのではないか?という不安もあり、
2人目がなかなか授からない状態のクライアントさんから、セッションのご感想をいただきました。

そして、徐々に自分自身との信頼関係を取り戻す兆しも見えて来ました☆

ーーーーーーーーーーー

〜前半省略〜

ここも母親との関係だったことに気がつきました。
「○○って言われた」ということで、どれだけ自分を苦しめて来たかが良く分かります。
その時、自分はどう感じたか?何で言われたのかも考えず、被害妄想だらけの子供の頃でした。


解決策も分からず、誰にも聞けず、親に話せず
苦しくて摂食障害になった意味が良く分かります。
今なら、良く頑張った。辛いのに死を選ばず良かったとやっと思えます。
子供の頃の自分が分かって欲しかった、命がけの訴えがあったんだなぁと思います。


解決法も知らず、何かこれで解決するかもと、
通院、ヨガや宗教、占いや自己啓発本、
どれも根本から自分が安らげる場所がなく
このまま年をとって行くのかな?の不安の中に居ました。


“自分の記憶の中に原因と解決策がある”なんて思いも寄りませんでした。すごい事です。


子どもの頃から、この様な智慧があると、
大きくなってから悩んでも少しずつ自分で解決出来る大人になれると思いました。
息子が大きくなったら教えます。

この様な智慧が広がって行けば、精神的な病気の人も少なくなり、
犯罪なんかも少なくなる気がします。

心が病んでしまったら、コントロールが出来なくなり、
犯罪も他人事ではないとも思った時期があります。

ニュースで子どもが犠牲になったり、信じられない事件が多く、ニュースを見て気持ちが悪くなります。

自分にはニュースを見て教訓にするしかありませんが、悲しい出来事は心が痛みます。


〜後半省略〜

ーーーーーーーーーーー


今までは解決策を自分の外側に求めていましたが、
『“自分の記憶の中に原因と解決策がある”なんて思いも寄りませんでした。すごい事です。』と、
自分のに答えがあることを実感し始めているのが素晴らしいところです!

そして、こういうことが妊娠することにも関係があります。

妊活も(受身な状態で)自分の外側に解決策を求めていて、
なかなか授かれない方も多いですが、
自分自身との信頼関係を取り戻すことで、
妊娠するために自分には何が必要かが直感的に分かって来ますし、
自分自身と向き合っていくことで、
そもそもの直感力にも磨きがかかるので、迷いや見誤りが少なくなって来ます。


そうすると、さらに自分自身との絆が深まり、善循環がはじまります。


本来の自分を取り戻すことで妊娠力が増すのは、そういうことです。


定期的にお話し会も開催していますので、お気軽にご参加ください。

お話し会の詳細・お申込みはこちらをご覧ください。